富士市中里洗面蛇口本体交換 お客様の声

富士市 洗面蛇口水漏れ修理
以前別の水漏れ修理でご依頼頂いた富士市のお客様から、洗面台の蛇口を交換したいというご相談のお電話を頂きました。前回キッチン蛇口の修理でお伺いした際に、洗面台の蛇口も一緒に見て欲しいとご相談を頂いて、蛇口のハンドルをきつく閉めないと水がピタッと止まらない状態だったので、パッキンを交換して様子を見ることになった案件がありました。パッキン交換の際に、今後数年以内に再び水漏れが起きるようであれば本体側の問題の可能性が高くなるので、蛇口本体の交換も視野に入れて検討してみて下さいとお話していました。あれから一年程、今回はポタポタといった水漏れではなく、水道メーターが回ってしまうくらいの量が漏れてしまう状態でした。4つの穴に取り付けるタイプの20年以上前の蛇口でしたので、現在は同じ4つ穴タイプでぴったり合うものはなかなか見つかりませんので、本体を交換するにしても色々と課題があります。電話での会話だけでは伝わらない点も多いので、まずは再度お伺いして実際にご説明しながらどのように蛇口を新しくするか、検討して頂きました。洗面台には元々蛇口を取り付けるための穴が開いていて、その穴の数や大きさ、間隔の違いによって、取り付けできる蛇口の種類が決まっています。洗面台の穴に合わせて蛇口を選ぶということですね。しかし、使用したい蛇口が決まっていて、取り付け条件に合わない場合は、洗面台側を加工するか、洗面台ごと交換する必要性が出てきます。こちらの洗面台は、よく市販品であるような台と化粧鏡のセット品ではなく、建物の間取りに合わせて設置された造り付けの洗面台と壁の大きさに合わせられた大きな一枚鏡ですので、同じような洗面台への交換となると高額になってしまいます。洗面台はそのまま残し、なんとか蛇口だけ交換したいという場合、現在よく使用されている洗面台蛇口としては、2つ穴タイプが主流ですので、4つの穴の内、2つを使用して蛇口を取り付け、残りの2つの穴をプレートで塞ぐという方法で交換するというケースが多いです。各種メーカーのカタログを見て頂いて、どのように交換するかをお話し、決めて頂きました。蛇口を取り寄せて、後日2つ穴タイプの蛇口にて交換作業を行い、ステンレス製のプレートで残りの穴を塞いで施工完了しました。

お客様の声
何度も足を運ばせてしまいましたが、みずがめ水道さんはいつも丁寧にお話して下さるので感謝しております。予算を抑えつつ、使い勝手のよい洗面台して頂いて、ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。