富士市 手洗い蛇口水漏れ修理
水道修理後

富士市伝法 蛇口本体交換作業

本日は、飲食店の厨房に設置された手洗器で起きた蛇口の水漏れトラブルについて、蛇口の本体交換作業の事例をご紹介します。富士市の飲食店様から、蛇口の水が止まらなくなってしまったので修理をして欲しいとご連絡を頂きました。詳しく状況をお聞きすると、レバー式の単水栓のようで、レバーを閉めても空回りするような感じで全く蛇口の水が止められずに全開状態のままなので、手洗器したの止水バルブで止めているようでした。お昼時の忙しい時間帯は避けて欲しいとご希望でしたので、15:00頃のご予約としてお伺いしました。お伺いして実際に見させて頂くと、だいぶ長年使用されていた単水栓のようで、レバーのネジがなくなっていてグラつきもかなりありました。レバーを取り外して内部部品を確認してみると、部品の経年劣化で動きが悪くなっていることで止水できなくなっている状態でした。少し特殊な部品であることと、水栓本体にメーカーや型番の記載が無くなってしまっていることから、修理用の部品の特定に時間がかかるため、応急処置として内部部品にグリスを塗って動きを良くしたら水が止められるようになりました。現状をお店の責任者の方に説明すると、再発しても困るのと、あまり先延ばししたくないということから、水栓本体の交換をご希望でした。使用年数と使用頻度の事を考えると、確かに本体交換の方が安心です。厨房内には別の場所にもう一つ手洗器があり、そちらの水栓は数年前に本体交換したというお話があとからありましたので、その水栓と同じタイプの水栓を取り寄せて、後日交換作業を行う事になりました。手洗器の下に止水バルブがあるので、厨房全体の水を止めることなく交換作業が可能でしたし、単水栓の交換作業は短時間で完了できますので、お店の営業中でもお邪魔することなく交換することが可能でした。