富士市入山瀬  銅管一部補修作業

富士市入山瀬  銅管一部補修作業
本日は、一般住宅の床下で起きた給湯管の水漏れトラブルについて、銅管の一部補修の事例をご紹介します。富士市のお客様から水漏れの原因の調査と修理をご依頼頂きました。最近、建物外壁の下の方が濡れているのがわかり、どこかで水が漏れているのではないかと悩まれているようでした。早速お客様宅にお伺いして詳しく見させて頂きました。水道を使っていない状態でも水道メーターが回っていましたので、どこかで漏水が起きているのは確実な状態でした。台所に床下収納がありましたのでそこから床下に入り、壁が濡れていた場所の方に向かうと、すぐに漏水箇所が見つかりました。床下に配管された銅管から漏れているようで、保温材の継ぎ目からポタポタと水が垂れていましたので、保温材を剥がしてパイプに穴が開いている箇所を調べました。パイプがL字型に曲がっている部分に穴が開いていて、そこから水が噴き出していたことがわかりました。本来銅管の補修を行うには、銅管を切断して、新しい銅管部材を火であぶってろう付けという溶接を行うのですが、今回は床下で作業スペースも狭かったため、ろう付けは行わず、ワンタッチタイプの継手を使用して配管し直すことにしました。ワンタッチタイプの継手は火を使うことなく、パイプに継手を差し込むだけなので、火災のリスクを避けたい時や作業スペースが狭い時に活躍します。その分、部材費用は多くかかってしまうのですが、作業量も作業時間も大幅に少なくなります。今回は穴が開いた部分の両サイドでパイプを切断し、切断箇所にワンタッチ継手を差し込み、切除した部分を新しい銅管でつなげるだけでしたので、15分程で修理は完了しました。