富士市富士見台  応急処置

富士市 トイレ水漏れ修理
本日は、賃貸物件のトイレで起きた水漏れトラブルについて、応急処置による修理の事例をご紹介します。賃貸物件を管理されている管理会社様から修理依頼を頂きました。こちらの案件では、基本的には現場状況の確認やトラブル原因の調査、パッキン交換や簡単な部品交換といった軽度の内容までの一時対応までを当店にご依頼頂き、本体交換や金額の大きな修理の場合は管理会社様の方で手配をして修理を行うという取り決めになっています。トイレの水が止まらない時があるそうですが詳細は不明とのことで、現場の状況を確認する必要がありました。当店が直接ご入居者様とやり取りするのではなく、管理会社様が間に入って訪問日や時間を調整するため、管理会社様からの前情報だけでは現場の状況の把握は難しいのが難点です・・・ご希望の訪問日時に後日お伺いして、トイレの状況を詳しく見させて頂きました。トイレのタンクのフタを開けてみると、ボールタップが経年劣化により水が止められない状態であることがわかりました。ボールタップはタンク内の上部に設置されている部品で、タンクの中に水道の水を補充したり、十分に水が溜まったら補充を止める役割を担っていますが、劣化してしっかりと機能を果たせなくなると、水道からの補充を止められなくなったり、全く補充しなくなったりといった症状が発生します。今回はタンクの中に水が常に少しずつ入り続けてしまう状態でしたが、タンク内の水位が上昇し、タンクの上から水が溢れてしまわないように設けられたオーバーフロー管を通して便器へと水が常に流れ続けている状態になっていました。ボールタップの交換が望ましい状態でしたが、ボールタップの交換修理は当店ではなく管理会社様自ら行う修理内容になりますので、管理会社様に現場の状況を電話で報告し、応急処置としてボールタップの浮きの部分を下向きに少し曲げることにより水が止まりやすい状態に調整して当店の作業は終了となりました。