富士市 トイレ水漏れ修理
水道修理後
富士市 トイレ水漏れ修理

富士市厚原 洗浄交換作業

本日は、介護施設のトイレで起きた水漏れトラブルについて、温水洗浄便座本体の交換作業の事例をご紹介します。富士市の介護施設の方からトイレの水漏れについてご相談を頂きました。お話をお聞きすると、施設内のトイレで、一台だけ便器周りに水溜りができている時があつので原因を調べて修理して欲しいというご依頼でした。都合のよい日時にてご予約頂きお伺いしました。初めにトイレを拝見した時にも床に水たまりができていたので、一旦濡れている所を全て拭き取って、漏水箇所の調査を行いました。給水管からの水漏れはなく、何回かタンクの水を流して確認しましたが便器とタンクの接続部分からも水漏れはありませんでした。排水管や接続部の劣化でも水漏れが起こることがあり、その場合は便器の内側から水が漏れて床との接地面から滲み出てくるのですが、それもありませんでした。次に設置されていた温水洗浄便座を作動させてみると、床に水が垂れてくるのが確認できました。便器から便座を外してみると、どうやら洗浄便座本体内部から水が漏れており、漏れた水が便器と洗浄便座の隙間から垂れて床に水が溜まるという状況でした。洗浄便座は家電製品なので、本体の取外し・取り付け作業などは当店でも可能ですが、本体を分解して内部を修理するとなるとメーカーに修理を依頼することになります。施設の責任者の方に水漏れの原因と状況をご説明すると、使用年数も長いため修理ではなく本体交換をご希望でした。今ついている洗浄便座の後継機種で同じ色をご希望でしたが、メーカーに確認を取ると、ピンク色の便座は受注生産になるようで一ヵ月以上待つことになるかも知れないとの返答でしたので、そのままお伝えしました。数日後施設責任者の方から連絡があり、今回は施設の方で洗浄便座を用意するので、交換作業のみを依頼したいというお話でしたので、本体の手配をして頂いて後日再度訪問して交換作業を行いました。