富士市 洗面蛇口水漏れ修理
水道修理後
富士市 洗面蛇口水漏れ修理

富士市中里 洗面蛇口交換作業

本日は、一般住宅の洗面所でおきた蛇口の水漏れトラブルについて、洗髪水栓の本体交換の事例をご紹介します。富士市のお客様から洗面台蛇口が使いづらいので一度見に来て欲しいとお電話を頂きました。お伺いして詳しくお話をお聞きすると、ハンドルレバーをきつく閉めてもポタポタと水が漏れてしまう事と、温度調節が効かないため熱いお湯が出せなくなってしまっている事でお悩みの様でした。水漏れに関しては蛇口の構造上、パッキンを交換すれば解決できる状態でしたが、温度調節に関してはサーモユニットという部品の交換が必要なので、まずは部品の供給が今でもあるかどうかを確認しました。水栓本体に型番が記載されていませんでしたので、お客様の方で保管されている説明書や保証書などはないかお聞きし探して頂くと、説明書が保管されていましたので、メーカーに問い合わせました。かなり前に水栓本体は廃番となっており、部品の供給もされていないようでしたので、今回は部品交換修理ではなく、水栓本体の交換を行う事になりました。しかし、同じ形状の水栓はどのメーカーからも販売されていませんので、洗面台に開いた穴を広げたり、使用しなくなる穴を塞いだりといった作業が必要になります。左側のシャワー用の穴は、交換する水栓の穴のサイズと同じでしたので、加工することなくそのまま設置することができました。右側のレバー用の穴は元々の穴を少し広げて加工することにより設置が可能になりました。そして、その両側にある使用することのない2つの大小の穴は、水が収納内に漏れないように専用の部材で塞ぎました。この方法だとやはり見栄えがあまりよろしくないのですが、洗面台ごと新しくするとなると費用も大きくなりますし、今回のお客様は大きな費用をかけて洗面台を交換するよりは、水とお湯が使用できれば見栄えは気にしないというご希望でしたので、こういった方法での仕上がりになりました。ホーローや陶器の洗面ボウルの場合はこういった加工はできませんが、今回のように人工大理石の天板でしたら穴を加工して水栓の取り付けが可能です。