<富士市 給湯器水漏れ修理h3>富士市中里  給湯管一部補修作業

本日は、一般住宅の屋外で起きた給湯器まわりの水漏れトラブルについて、給湯管の一部補修作業の事例をご紹介します。富士市のお客様から質問のお電話を頂きました。「給湯器のパイプから水漏れがあるのですが、給湯器本体も交換しなくてはいけないのですか?」という質問でした。水漏れの起きている箇所について詳しくお聞きすると、給湯器本体からの水漏れではなく、周辺の配管からの水漏れで間違いないようでしたので、給湯器本体の交換は必要ないとお答えしました。配管の修理をご依頼頂きましたので、電話のあとそのままお客様宅にお伺いしました。現場を確認させて頂くと、やはり本体ではなく給湯管のパイプからの水漏れでした。念のために、給湯器にエラーが出ていたりお湯が出ないなどの不具合は起きていないかどうかを確認しましたが、問題無いようでした。なぜ本体交換が必要だと思われたのか、これまでの経緯を詳しくお話をお聞きすると、どうやら当店にご相談頂く前に、他の業者に修理の依頼をして見に来てもらったようでした。その業者から、給湯器本体がだいぶ古いためこのまま使用していると危険なので本体交換した方がいいと言われ、給湯器本体を交換する際に周りの配管もやり直すので水漏れも一緒に直せると説明されたようでした。出してもらった見積りがあまりにも高額だったため、検討すると言ってなんとか帰ってもらった・・・という最近よく聞く悪質な手口でした。給湯器の使用年数は確かにありますが、本体交換をしなければ危険ということはなく、配管されている銅管の部品に小さい穴があいて水が漏れてしまっているだけでしたので、銅管の一部を切断して、新しい銅管部材で接続し直すだけで簡単に修理が可能でした。世の中には、過剰に不安を煽ったり、急かしたりして必要のない工事や高額な契約をその場で即決させたりといった悪質な業者がまだまだいますので、気を付けてくださいね。女性の方お一人での応対や、ご高齢の方だけでの応対、一対一での応対は、できるだけ避け、ご家族の方や親しい第三者の人に立ち会ってもらって一対一を避けるのが効果的です。